最初にもどるときはここをおしてね。


うにちゃんの恋のものがたり(1)


うにちゃんは、いつものようにうにのおねえさんとお散歩をしています。

ふと、公園でとおりすぎた見なれないお姉さんのだいていたのは、うにちゃんと同じしゅるいの生き物でした。

それは、とてもきれいな桃色をした、つぶらな目のかわいい女の子でした。

うにちゃんは、いつのまにかその女の子のことが気になるようになりました。



うにちゃんの恋のものがたり(2)


次の日も、うにちゃんは公園にお散歩にやってきました。

だけど、きょうはいつもの公園のうにちゃんとちがって、なにかに気になって、まわりをキョロキョロみまわしてばかりいます。

夕方になったから、うにちゃんはもう帰る時間です。うにちゃんは、なにか大切な物が見つからなかったような、さびしそうな顔をしていました。

うにちゃんは、なにが切ないのかわからないけど、胸のおくがちょっとしめつけられるみたいに苦しいです。そして、女の子の顔ばかりうかんできます。


メインページ
うえをくりっくすると、いつもの「うにうに」へいけるよ